全日空210便 デュッセルドルフ→成田 ビジネスクラス搭乗記 その3

機内食を食べ終えた後は座席をフルフラットにしてベッドメイキングをします。 ファーストクラスだとベッドメイキングはCAさんがやってくれますがビジネスクラスでは説明書きを見ながら自分でシートを操作しマットレスを引いて作ります。 そんなに難しくはないです。

ベッドポジション

ベッドポジション

実際に寝てみるとファーストクラスと比べると頭回りが少し狭く感じますが平らになるシートは快適です。 特に今回のような夜を跨いで飛行する時には最高です。 寝る前にCAさんにフライトログをお願いして、もしオーロラが出たら爆睡してても起こしてね! とお願いしてお休みタイム突入。

3時間程寝たのちトイレで起きましたのでトイレをチェック!

洗面台

洗面台

洗面台はエコノミーと大差はありません。

歯ブラシ・マウスウォッシュ等

歯ブラシ・マウスウォッシュ等

歯ブラシやマウスウオッシュ等が備え付けられています。

ウオシュレット付きトイレ

ウオシュレット付きトイレ

トイレはウオッシュレット付きです。

トイレから戻った後は乗ったら絶対食べてみようと思っていた一風堂のラーメンをオーダーしてみました。

一風堂ラーメン

一風堂ラーメン

コク極まる味噌「大地」だそうで欧州線は味噌味を、北米線は豚骨味を提供しているようです。 一風堂のラーメンは好きなので美味しく頂きました。

ハーゲンダッツ バニラ

ハーゲンダッツ バニラ

ラーメンの後はアイスクリームを持ってきてもらいました。 ハーゲンダッツのバニラでした。 ハーフカップではなくフルカップだったのが嬉しいところです。

ミニバーコーナー

ミニバーコーナー

ギャレー付近にはアメニティやミネラルウォーターがおいてあります。 暗くてわかり難いですが1回目の機内食の最後にでたショコラもおいてあります。

その後は機内エンターテイメントで映画「スウィング・ガールズ」があったので見てみました。 数年前までこの映画のロケ地で暮らしていたので懐かしい風景が目白押しです。 飛行機の中で邦画を見ると英語の字幕が出るところが飛行機ならではで面白いです。 このシーンて英訳したらこんな言い回しなんだと感心しながら楽しく英語の勉強ができてしまいます!

外に目を向けると夜が明けていました、残念ながら北緯60°あたりを飛行したためにオーロラは見えませんでした。 もう少し北のルートを飛行しないとダメなようですね!

そして間もなく2回目の機内食タイムですが洋食メニューより和食の方が美味しそうだったのでドイツ発ですが敢えて和食を頼んてみました。

口取り

口取り

牛時雨煮 出汁巻き卵 ひじき煮 (フルーツ)

主菜

主菜

鮭酒粕焼き 御飯 味噌汁

それほど空腹ではなかったので丁度よいくらいの量でした。 味は普通です。 機内食ということを考えると合格でしょう。 飲み物は和食なので緑茶にしました。 これを食べ終える頃、飛行機は大陸を抜け日本海に差し掛かりました。 この日は爆弾低気圧のお陰で北日本は大荒れということで眼下には雲しか見えません。 機長より降下に際して雲を抜ける時揺れる可能性があるのでシートベルトをお締め下さいとのアナウンスが入り成田に向け降下が始まりました。 特に大きく揺れることはなかったですがしばらくは雲の中を飛行し地上が確認できたのは鹿島上空付近からでした。 そして飛行機は無事に成田国際空港RWY16Lに着陸。デュッセルドルフからの11時間の空の旅が終了です。

今回ANAのB787のスタッガードシートに搭乗した感想ですが窓側の席は個室感が高いですが少し圧迫感があります。  逆に通路側の席は開放感がありますが個室感はありません。 夫婦や友達同士で搭乗した時は斜めに座るような感じになるので少し不便かもしれませんが一人旅やビジネスマンにはよいシートだと思いました。 デュッセルドルフ線のCクラスは大半がビジネス客のようなのでちょうどよい感じです。 一つだけ要望があるとすれば昨年は頂けた機内食メニューが回収されるようになってしまったことでしょうか… 旅の記念にぜひ持ち帰れるよういしてもらいたいものです。 後もう一つ、欧州線と北米線はすべてWiFi対応機を導入して欲しいところです。

今回の搭乗機JA806A

今回の搭乗機JA806A

今回お世話になったのB787-8(JA806A)でした。 いつも丁寧でフレンドリーな対応をして下さるANAのクルーの皆さまありがとうございました!

これにてANA210便ビジネスクラス搭乗記は終了です。 最後までお付き合い下さいましたありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 初めまして!NH210のレポ楽しく拝見させていただきました。ちょうど搭乗した時期が私と似ているため、機内食などが同じで「おおー」っとあの時期のフライトをブログにしている方が他にもいて嬉しくなってしまいコメント残させていただきます。私と違うのは最後がTNRさんは16Lだったのに対して、私は34Lだった点でしょうかね(笑)。

    旅の記念のメニュー持帰り・・・同感です。ブログ書くときにも役立ちますしね。。。

    ちなみに、ほぼ同じ内容?!の同便レポはこちらですので、おヒマなときにもでお読みくださいませ!
    http://styledeptcreative.blogspot.jp/2016/07/dusseldorf-to-tokyo-nh210-dus-nrt.html

    これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!

    by StyleDeptサカキ 2016年7月31日 12:00 PM

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ルフトハンザドイツ航空717便 羽田→フランクフルト ファーストクラス搭乗記 その1
カンボジア・アンコール航空809便 ホーチミンシティ→シェムリアップ搭乗記
石垣島・竹富島 2島巡り旅行記2018 その2 (NU71便搭乗記)
キャセイパシフィック航空451便 東京(成田)→台北 ビジネスクラス搭乗記 その2
どこかにマイルで行く日帰り札幌局巡り その4 (日本航空524便 新千歳→羽田 ファーストクラス搭乗記)
石垣島・竹富島 2島巡り旅行記2018 その9 NU76便搭乗記
エールフランス航空7708便 パリ(ドゴール)→ニース 搭乗記
エールフランス航空275便 成田→パリ(ドゴール) 搭乗記
ルフトハンザドイツ航空717便 羽田→フランクフルト ファーストクラス搭乗記 その4
全日空210便 デュッセルドルフ→成田 ビジネスクラス搭乗記 その2
エールフランス航空7701便 ニース→パリ(ドゴール) 搭乗記
桂林旅行記2015 その3 上海航空9381便 上海浦東→桂林 搭乗記
キャセイパシフィック航空450便 台北→東京(成田) ビジネスクラス搭乗記 その2
ルフトハンザドイツ航空717便 羽田→フランクフルト ファーストクラス搭乗記 その3
キャセイパシフィック航空451便 東京(成田)→台北 ビジネスクラス搭乗記 その1

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。