キャセイパシフィック航空450便 台北→東京(成田) ビジネスクラス搭乗記 その1

今回は台北から帰国する際に利用したキャセイパシフィック航空450便のビジネスクラス搭乗記をアップします。 まず今回の搭乗に際して一番楽しみだったのは台湾桃園空港のキャセイラウンジです。 往路のCX451便搭乗記でもアップしましたが成田のキャセイラウンジはヌードルバーが無く羽田や香港のキャセイラウンジと比較すると見劣りしてしまいますが、台北のキャセイラウンジはヌードルバーがあるということで期待大です! それでは早速チェックインして制限エリア内にあるキャセイラウンジに行ってみます。

キャセイラウンジエントランス

成田よりも入口から豪華な雰囲気です。

軽食コーナー

デザート類

ヌードルバー

ヌードルバーメニュー

ヌードルバーでは麺類意外にも小籠包もオーダーできました。

薬味

薬味がおいてあるので自分で好きなだけ入れることができます。

台湾牛肉麺

数種類の麺類がありますがメニューの一番上の台湾牛肉麺をオーダー。 評判通りの上品な味で特に辛くもなく食べやすい味でした。 羽田のキャセイラウンジでは担々麺があるようですが桃園のキャセイラウンジでは別の台湾風の麺がおいてあります。

シュークリーム・マンゴプリン・パイナップルケーキ

デザートコーナーにあったデザート類ですがマンゴプリンやパイナップルケーキ等いかにも台湾らしいメニューです。 特にマンゴプリンは美味しかったので3つほど食べてしまいました。

バーカウンター

ラウンジの一番奥に行くとバーカウンターがあります。

バーカウンターメニュー

ここではその場でアルコール類やソフトドリンクを作り提供しています。 成田に到着後、車の運転があるのでアルコール類はオーダーしない代わりにタピオカミルクティーをオーダーしてみました。

タピオカミルクティー

甘さも程よく美味しかったです。 ヌードルバーとバーカウンターがあるためかラウンジとしてのレベルは高いと感じました。 ただしヌードルバーとバーカウンターとデザートがおいてある場所がそれぞれ別の部屋になっておりそれぞれの食べ物を取りに行くには少し遠いです。食べ物や飲み物を提供する場所は集約した方がよいような気がします。 提供される食べ物が美味しかったので思ったより食べすぎてしまい機内食食べられるか心配です(汗)

ラウンジで寛いでいるとあっという間に時間が経ち、搭乗開始時刻が近づいてきたのでラウンジを後にして搭乗口へ移動します。

続きの機内サービスについては次回…

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

月岡温泉 広瀬館 ひてんの音 宿泊記 施設編
四国グルメ紀行2020 その4 (温泉大好き!53 道後温泉本館)
モナコ・ニース旅行記2014 その1 成田から→パリ経由でニースへ
テツの食卓101 牛肉どまん中弁当
水間寺を参拝
全日空210便 デュッセルドルフ→成田 ビジネスクラス搭乗記 その1
桂林旅行記2015 その16 上海航空9382便 桂林→上海(浦東) 搭乗記
週末パス紀行 2019年11月編 その6 SL大樹6号乗車記
稲取銀水荘 銀の栞「雅楽」 宿泊記 その4 朝食編
肘折温泉『丸屋旅館』宿泊記 その4
クルーズトレインななつ星㏌九州 乗車記 その5 2日目朝食~豊後森散策
桂林旅行記2015 その5 大墟古鎮を散策
日本三秘湯 谷地温泉と秋田・山形の未訪局巡り その1
鳴子温泉郷・中山平温泉と山形・宮城グルメ紀行 その4 温泉大好き!15 鳴子温泉の外湯
カンボジア・アンコール航空822便 シェムリアップ→ホーチミンシティ 搭乗記

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。