トワイライトエクスプレス瑞風と山陰迂回貨物 その3

前日の山陰貨物列車は上り9080レが幡生操で下り9081レが新見駅でそれぞれ24時間手配となってしまい山陰本線を走ることはありませんでしたが、翌日は運転されるということですがこの日はトワイライトエクスプレス瑞風の山陰コース下りの運転日です。 特に山陰コース下りは長門市と東萩間を1.5往復するため撮影しやすいので午前中はトワイライトエクスプレス瑞風を撮影し午後から山陰迂回貨物を撮影する予定でひとまず須佐~宇田郷間にかかる惣郷川橋梁へ行くことにしました。

惣郷川橋梁

惣郷川橋梁案内

久々にやってきました惣郷川橋梁!! 近代的なコンクリート橋に見えます昭和初期の建造物だそうで山陰本線の益田~下関間では一番有名な撮影地といっても過言ではないでしょう…

始発列車から撮影すべく現地に行くもののいつになっても始発列車が来ない…

2018.9.2. 960D?

どうやら昨日の大雨の影響で阿川~益田間は未だに運転見合わせ中とのこと…

順次運転再開されているものの徐行がかかっているようで10:10頃ようやくこの日の上り一番列車が姿を現しました。 960Dだと思いますが大遅延の1560Dかも…

2018.9.2. 1565D?

続いて11時前にこの日初めての下り列車がキハ120の単行でゆっくり走っていきました。 光線的にはこの時間がベストなので今、トワイライトがきてくれると文句無しなんですけど…

2018.9.2. 820D?

スマホで情報を探しているとトワイライトエクスプレス瑞風はすでに益田を発車しているようですが、11:30頃後ろから820Dらしき列車がキハ47×2両で通過して行きます。 この列車どこかでトワイライトエクスプレス瑞風と交換するはず…

2018.9.2. トワイライトエクスプレス瑞風

そして12時すぎにようやくトワイライトエクスぷエレス瑞風が通過していきました。 光線的にはトップライトに近くなってしまい車体が黒く沈んでしまいました… 海の色も雲が出てきたせいか薄くなってしまい少し残念ですがこの場所で編成全体に影がかからず撮影できたので大きな収穫でした。 ちなみにこの日のトワイライトエクスプレス瑞風は萩観光中止のためそのまま長門市~東萩間の1往復を省略してそのまま下関まで運転されたようです。 当初は惣郷川橋梁から三見~玉江間に追いかけ撮影する予定でしたが変更しこの後は山陰迂回貨物へ行くことにしました。

遠田のSカーブにて

山陰迂回貨物ですが午後になり天気が晴れたり曇ったりで安定しなかったため石見津田~益田間の有名撮影地、通称「遠田のS字」に行ってみました。

2018.9.2. 3004D スーパーおき4号

迂回貨物列車通過までまだ時間がありますが機関車が正面を向いたところを撮影できる良い立ち位置に先客がいたので望遠レンズを使い奥で抜くことにしました。 構図を決めるとスーパーおき4号が後ろからやってきたので撮影してみます。 振り子車両独特の車体が捻じれがわかり面白いですが連結器が曲がっており締まりのない画像になってしまいました。

2018.9.2. 2005D スーパーまつかぜ5号

スーパーまつかぜ5号がやってきました。 今度は連結器が先ほどとは逆の方向を向いてます。

2018.9.2 352D

キハ120もやってきますが1両だと物足らない感じがします…

2018.9.2. 2012D スーパーまつかぜ12号

迂回貨物と石見津田で交換予定のスーパーまつかぜ12号が通過していきます。

2018.9.2. 9081レ

スーパーまつかぜ12号通過時は曇っていましたがDD51 857牽引の迂回貨物姿を現した時はしっかりと晴れてくれました。

この後は貨物を追いかけますが続きは次回更新で…

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

両毛線を迂回するキヤE193系 East i-D
ED79牽引トワイライトエクスプレス
EF65 1124
伊豆急線を検測運転するE491系East i-E 川奈俯瞰編
尾瀬夜行の返却回送とスカイツリートレイン
大阪モノレールを撮影
ワシクリ陸橋を行くEF510-515牽引北斗星
ワシクリでEast i-EとE231系配給を撮影
クモヤE491系East i-E えちごトキめき鉄道・しなの鉄道検測
足利藤まつり号2018 その1
EF510-513牽引の臨時北斗星
蒲須坂にてE231系配給を撮影
修学旅行臨の185系 白岡陸橋にて
ヘッドマーク掲出が終了する仙台シティラビット
どこかにマイルで行く JR四国乗り潰し紀行 番外編

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。