真岡鐡道キヤ検2018 その2 下館駅入換~往路

下館駅入換

東北本線から水戸線へとキヤの送り込み回送を追いかけたあとは下館駅に行きキヤのJR線から真岡鐡道線への入換作業の様子を撮影しました。 まずは下館駅のすぐ小山方の踏切へ行ってみるとキヤは水戸線の上り4番線に到着していました。 構内配線上は小山方からなら直接真岡鐡道の線路に入れますが信号設備の問題で入れないためだと思われます。

2018.5.22. 水戸線 下館

関東鉄道の車両の奥の方にキヤが止まっています。

2018.5.22. 水戸線 下館

E501系と関鉄キハ2200形との並びレンズの関係で撮影してませんがこの後3番線に小山行きの電車が到着した時点で下館駅の1番線から6番線すべてに車両が在線するという光景が見られました。

2018.5.22. 関東鉄道常総線 下館

踏切がなりキヤの入換開始と思ったら常総線のキハ2202が発車して行きました。 正面から撮影したのでよくわかりませんがラッピング車です。

2018.5.22. 下館

再び踏切が鳴り今度はキヤの入換が始まりました。

2018.5.22. 真岡鐡道真岡線 下館

小山方へ引き上げた後に転線して真岡鐡道ホームの隣の側線に移動します。

2018.5.22. 真岡鐡道真岡線 下館

その後は入場券を購入して駅のホームへ移動します。

2018.5.22. 真岡鐡道真岡線 下館

下館駅の側線で小休止するキヤE193系East i-D。

2018.5.22. 真岡鐡道真岡線 下館

下館12:02発の119列車が到着しました。

2018.5.22. 真岡鐡道真岡線 下館

関鉄とJRと真岡鐡道の各普通列車との4並びです。 真岡鐡道の車両のみホームの屋根の影がかかってしまい顔が潰れてしまっています…

2018.5.22. 真岡鐡道真岡線 下館

続いては下館駅の自転車置き場からモオカ14形との並びを撮影。 キヤはこの119列車をやり過ごしたあと再度1番線に転線してから12:30頃に発車しますが、そこまで待っていると追いかけが厳しそうなのでひとまずこれを撮影して駅を後にします。

往路 試9001レ

2018.5.22. 119 真岡鐡道真岡線 笹原田~天矢場

実を言うと真岡鐡道をまともに撮影するのは今回が初めてなので撮影地がよくわかりません。 ただキヤの運転時刻と線形を考えると光線状態がよいのは市塙から茂木にかけてです。 なのでその付近まで移動して適当に撮影できそうな場所にカメラを構えます。 ちょうどそこへ先ほどの119列車がやってきました。

2018.5.22. 126 真岡鐡道真岡線 笹原田~天矢場

119列車が茂木到着後14分の間合いで126列車として折返してきます。 予想ではキヤと126列車は市塙駅で交換するはずです。

2018.5.22. 試9001 真岡鐡道真岡線 笹原田~天矢場

先ほどの普通列車の画像を見ると背景の電柱が気になったので切り位置を変更して撮影しました。 この撮影地は3両のキヤではバランスが悪く2両編成ならではの撮影地でした。 この後は復路試9002レを撮影すべく有名な天矢場の有料撮影地へ移動です。

復路は次回更新でアップします。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鯨波海岸を行くトワイライトエクスプレス
初めて阪急を撮影しました。
雨晴海岸を行くキハ40
思い出のT18編成~夕刻の米山海岸を走る快速「くびきの」
「いろは」と「本物の出会い栃木号」
カシオペアクルーズ
懐かしのJR九州485系 その2
宇都宮線開業130周年記念号 返却回送編
また走って欲しいED75牽引カシオペア
片エプロンの盛岡ロンチキを撮影 その2
岩船山をバックに走る湘南色115系
早朝の羽越本線を行くカシオペアクルーズ
札幌駅で発車待ちをする急行「はまなす」
下関市内郵便局巡りと山陰迂回貨物 その5
特急「尾瀬夜行2355」を春日部にて撮影

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。