2018年7月航空旅行記 その22 エチオピア航空672便 ソウル(仁川)→東京(成田)ビジネスクラス搭乗記 機内編

昨日はエチオピア航空搭乗記ラウンジ編をアップしたので今回は機内編をアップします。 当初は17:55発だったにもかかわらず遅延のため出発時刻が18:50に変更。実際に仁川空港に搭乗機が到着したのは18:25頃でした。 アジスアベバから成田まで搭乗する乗客も仁川空港では一度降機するようで一度、降機した乗客が戻ってきたため搭乗口付近は人が集まってきました。

23番ゲート

実際に搭乗開始になったのは出発時間を過ぎた19時前でした。

ビジネスクラスシート

今回アサインしたのは1Aです。 まわりを見ると1Aのみ毛布とミネラルウォーター・アメニティキット置かれていました。 他の席には置かれていないところを見るとソウルから搭乗するのは管理人だけのようです。

フルフラット状態

B787-8は機材によってライフラットタイプとフルフラットタイプはあるようでどちらが来るかは運次第ですが、今回はB787-9に機材変更になったおかげで最新のフルフラットタイプでした。 エチオピア航空のビジネスクラスは長距離線機材で現在主流のスタッガードタイプでもヘリンボーンタイプでもないため窓側をアサインしてしまうと通路に出るのが大変という欠点もあります。 ただしオープンタイプの座席のため閉鎖的な空間ではないところがよいところですね。

毛布

緑色の毛布が置いてあります。 アムハラ語でかかれているので良くわかりません…

フカフカのしっかりとした枕でした。

ノイズキャンセリングヘッドフォン

性能はまぁまぁです。 エコノミークラスのイヤーホンと比べるとかなり良いかと思います。

アメニティキット

短距離線でもしっかりとアメニティキットがもらえます。 中身は歯ブラシ・糸ようじ・くし・イヤープラグ・靴下・アイマスク・リップクリーム・ボールペンでした。

シートモニター

シートモニターはビジネスクラスとしては大型で一番先頭の座席に多いアームレストから引っ張り出すタイプではなく最前列もオットマンの上に設置されているタイプなので離着陸時でも使用できます。

ヘッドホンジャックとコンセント類

ヘッドホンを使おうにも差込口がわからず探してみると座席の後方窓との隙間の部分にありました。 電源コンセントとUSB端子もあります。 WiFiですが屋根にはWifiアンテナのようなレドームが付いていますが使用できないようでした。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクはシャンパンを頂きました。 飲み終えるとグラスを回収するのかと思いきやもう一杯いかが? といわれたのでお言葉に甘えてもう一杯!

セーフティビデオ

セーフティビデオはアフリカのエアラインらしくすべて黒人さんでアムハラ語の後に英語が入ります。 当然ながら日本語は無し。

仁川空港離陸

出発時刻は19:27で離陸は19:45にRWY33Lからでした。 定刻より1時間半遅れでした。 機内アナウンスでは飛行時間は2時間を予定しているとのこと上空の風が弱いようで… 高速バスの時間がヤバくなってきました。

韓国の街並み

窓からは韓国の街並みが見えます。 B787は窓が大きくて見やすい。

機内食

フェタサラダとハムの前菜。

調味料類

ドレッシングが2種類のマヨネーズ・ケチャップ・マスタード・塩・胡椒・マーガリンでした。 マヨネーズ・ケチャップ・マスタードは「Thistlewood」という南アフリカ製のものでした。

パン

バターロールとガーリックトーストでどちらも温かいパンでした。 その他あと何種類かありましたが忘れてしまいました。

コーヒー

飲み物はコーヒーをオーダー! エチオピアと言えばコーヒー発祥の地なのでコーヒーにしましたが意外とあっさりした感じのコーヒーですが美味しかったです。

メインディッシュ

メインディッシュは事前にビーフ・チキン・パスタの中から希望を聞きに来たのでビーフをオーダーしました。 ブロッコリー・ビーフンに牛肉炒めでした。 味は可もなく不可もなくと言ったところでしょうか… ビーフンは味が薄かった…

デザート

食後のデザートはケーキ・チーズ・フルーツの3種類の中から一つ選べます。 カートを見るとケーキはチョコレートケーキだったのでケーキにしました。

味は甘い… アメリカのケーキ程ではないですがかなり甘いです。

チョコレート

機内食もこれで終わりかと思ったら最後にチョコレートが配られました。

中身

ボンボンショコラが二つ入っていました。

機内食が終わるころには飛行機は琵琶湖を過ぎて成田まではあと少し… フライト時間の半分が機内食の時間でした。 短距離線ビジネスクラスにもかかわらず機内食はワンプレートではなく前菜・メインディッシュ・デザートと3回にわけてサーブされ食後にはチョコレートも提供されるなど長距離線のビジネスクラスと遜色ないサービスだったのには驚きでした。

機内食後は機内販売でエチオピアコーヒーを購入しましたが既に飛行機は成田空港に向けて降下がはじまっています。

そして21:45頃成田空港RWY16Lに着陸です。 エチオピア航空の使用ターミナルは第一ターミナル南ウィングなのに遠い方のB滑走路に着陸… そして到着ゲートは41番という南ウィングの一番先の遠いところに到着…遅れているのだから南ウィングに近いA滑走路に着陸させてもっとイミグレから近い位置に駐機させればいいのに…と思いつつ飛行機を降ります。

ビジネスクラスキャビン

B787-9のビジネスクラスは2-2-2のアブレスト。(降機時に撮影)

搭乗機

無事に成田まで管理人を運んでくれたエチオピア航空B787-9(ET-AUQ)。

成田空港出発案内

遅れているため出発してないのは折返しのアジスアベバ行きのET673便のみ…

ターンテーブル

入国審査を通り抜けターンテーブルに到着したのが22:10過ぎ… まだターンテーブルは動いてません。 ちなみに最終のバスの時刻は22:20分です。

そして手元に荷物が出てきたのが22:15過ぎです。 ビジネスクラスだったためすぐに荷物が出てきました。 急いで税関を通り抜けバス停へ!! バス停到着は発車時刻1分前の22:19でした。 なんとか間に合った…

エコノミークラスだったら間違いなくバスには間に合ってなかったです。 いやぁビジネスクラスで本当によかった… 危うく成田で一晩過ごすことになりそうでした。

今回、エチオピア航空に搭乗してみましたがソウル~成田間に関してはビジネスクラスに乗る限り長距離線ビジネスクラス並みのサービスが提供されており、利用価値は高いと感じました。 クルーもとてもフレンドリーでいい感じなので個人旅行等でソウルに行く際は利用してみるのもありだと思います。 ただ成田~仁川は仁川到着深夜になるので使いにくいですが、帰りは仁川発が17:55と昼間観光してから搭乗するにはよい時間なので積極的に利用してもいいかもです。 僅か2時間程ではありますがアフリカ体験ができるフライトなので機会があればまた乗ってみたい飛行機です。 ソウルまでではなくアジスアベバまで行ってみたいものです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • こんにちは。
    2019/12/31に仁川からET672便に搭乗いたしますので情報を探していてたどり着きました。

    楽しく読ませていただきました!
    知りたいことがすべて(痒い所に手が届くように)適切に客観的に記されていて(エチオピア航空以外の記事も)とても素敵なブログだと思います。

    自分の中でなんとなく不安に感じていた「エチオピア航空の遅延」について解消されました。
    ありがとうございました。

    by ぴこぴこさん 2019年12月17日 11:16 AM

    • ぴこぴこさん様、当ブログに訪問頂きましてありがとうございます。 最近、仕事が多忙につき更新頻度が少なくなっておりますが、また訪問していただけると幸いです。 ぜひエチオピア航空のエキゾチックな雰囲気を楽しんできてください!

      by tnr 2019年12月17日 10:37 PM

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

桂林旅行記2015 その2 上海浦東空港での乗り継ぎ
桂林旅行記2015 その11 夜の陽朔を散策
どこかにマイルで行く日帰り札幌局巡り その4 (日本航空524便 新千歳→羽田 ファーストクラス搭乗記)
夏の青春18きっぷ旅行記 2015 その15 鳥取~京都
どこかにマイルで行く宮崎・鹿児島紀行 その13 (テツの食卓89 天文館むじゃき)
どこかにマイルで行く宮崎・鹿児島紀行 その11 (温泉大好き!37 いぶすき秀水園)
2014年 和倉温泉旅行記 その2
月岡温泉 広瀬館 ひてんの音 宿泊記 食事編
鳴子温泉郷・中山平温泉と山形・宮城グルメ紀行 その2 テツの食卓76 一寸亭本店(山形県河北町)
2021  夏の青春18きっぷ紀行 その6
北ビワコホテル グラツィエ 宿泊記 その1
夏の青春18きっぷ旅行記 2015 その7 久留米~新下関
久々に訪れた餘部鉄橋
ふらっと両毛 東武フリーパスで行く東武小泉線乗車記
どこかにマイルで行く 道東湯巡り紀行 その9

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。